ホーム健康コラム/生活習慣病

生活習慣病

日本人の三大死因の中で一部のがん(肺がん・胃がん・大腸がんなど)、心疾患(狭心症や脳卒中などの虚血性心疾患)、脳血管障害(脳卒中)や、そのリスクファクターである高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などは、かつて成人病といわれていました。 「成人病」という言葉は、文字どおり子どもから成人になるにつれてかかる病気という意味です。つまり、自分自身のせいではなく、歳をとるというやむを得ない理由でかかるのだと考えられていました。 しかし、当然のことながら、成人になって病気になる人もいれば、ならない人もいます。では成人病の原因は何かというと、加齢よりもむしろ食生活や運動習慣、職場や家庭などのストレスといった、普段の生活習慣であることがわかってきました。そこで、「成人病」という用語は、「生活習慣病」という表現にあらためられました。 歳をとることは、どうあがいてもさけることができません。したがって、加齢によって病気にかかるのは、自分の責任ではないことになります。ところが、「生活習慣病」という言葉は、自分自身が求めて、自分の責任で行っている生活習慣が原因で発症する病気という意味です。つまり、生活習慣病という言葉には「運悪くて発症したのではない」あるいは「自業自得ですよ」という主張が込められているのです。つまり、自己責任で発症する生活習慣病は「自業自得病」なのです。もちろん、生活習慣病の原因には、生活習慣以外の遺伝的素因や環境もかかわってきます。しかし、自分自身がもっと注意すれば防ぐことができるという意味で「自業自得病」なのです。

       

ふだんの生活習慣を見直す

病気の予防には、生活習慣を見直し、健康な体を保持して病気にならないことを目的とする一次予防、病気を早期発見し、早期治療をする二次予防、病気にかかったあとの治療や機能回復と、改善後の再発を予防する三次予防があります。 普段の生活習慣として身についたリズムを修正することは、容易なことではないでしょう。無意識のうちにそうしてしまっていることが多いからです。いざあらためようと思っても、ついつい「めんどうくさい」「忙しい」「明日からにしよう」という思いが頭をよぎってしまいます。また、「最近太ってきたけれども、まだ何の症状もないし、健康に働けているから大丈夫だろう」と考えてしまうこともあるでしょう。 だれでも好きなものをおなか一杯食べたいし、休日くらいゆっくり休みたいものです。 みずから強い意志を持って健康的な生活習慣をめざしてください。

サチヴァミンリンク
トップへ